スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
北本の魅力とは?
師走となって最初の日曜日となったきょう、いくつかの団体にご招待をいただき、北本市民の方々と親睦を深めさせていただいた。その中で、あらためて、北本の魅力を体感できた一日であった。
午前中は北本市文化センターで開かれた、直派若柳流寿慶会侑寿会の舞踊会へ。
侑寿会は若柳侑寿先生が20年前に北本で設立し、今も主宰する日本舞踊の会である。舞踊会を開いたのは2度目だそうである。
お弟子さんたちの舞いはとても素晴らしかった。男女のせつない恋愛や、遊女の悲恋、主君を守るため、我が子を身代わりにした母の悲しみなど、喜怒哀楽を的確に表現された優雅な舞踊に、じっと見入ってしまった。豊かな人間性を養う伝統文化の素晴らしさを再認識した。
午後からは、伊藤堅治市議会議員さん後援会が主催する市政報告会と新そば会へ。
市政報告後の懇親会で、伊藤さんが栽培した蕎麦がふるまわれた。打ち立てで、風味豊かな蕎麦に舌鼓を打った。
伊藤さんによれば、「遊休地の活用を」ということで、そば栽培が始まり、10年になるそうだ。今や、北本はそばの生産地として定着したといえよう。
北本には、芸術文化でも農業生産でも、日本に誇れる大きな財産がある。きょうはその素晴らしさを再認識させられた。
北本はいま、観光100万人構想を掲げている。こうした魅力をどんどんPRすることで、来訪者を増やすことができるのではないかと考えている。
スポンサーサイト
[2011/12/04 16:11] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<くれぐれもご注意を | ホーム | 決意新たに>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/94-402aabac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。