スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
政治家に必要なもの
 昨日、自民党埼玉県連の青年部研修会が東京・永田町の党本部であり、お二人の先生、林芳正参議院議員と自民党政調会調査役の田村重信さんにご講演いただいた。
 林議員からは「日本のこれからの行方」と題し、TPPや消費税論議をめぐる政府の稚拙ぶりについて、貴重なお話を聞かせていただき、田村さんは「自民党と民主党の相違点」について語ってくださった。
 その中で、田村さんからは、政治家としての心得を学ばせていただいた。
 田村さんはこう強調された。「政治家に必要なものは『信』である」と。
 政権交代後、民主党が有権者に失望を与えてしまった理由は、マニフェスト違反を繰り返したことで、信頼や信用を失ったとの分析であった。
 「言ったことは、どんなに苦しくても、必ずやり遂げる。それが自民党の政治であり、そうすることで、信頼や信用を得てきた」との田村さんの指摘は、まったくその通りだと思った。
 小泉元総理は論語を引いて「民信無くんば立たず」としばしば説いた。
 考えてみれば、田中角栄元総理が地元民にあれだけ信頼されたのは、口にしたことは必ずやり遂げた、その姿勢にあったのだろうとつくづく思う。
 私も一人の政治家として、北本市民のみなさんに信頼され、信用されるよう、日々精進しなければ。
 あらためて、そう思った研修会であった。
スポンサーサイト
[2011/11/23 17:40] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<南三陸町への思い | ホーム | タバコのマナー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/84-7afb0059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。