スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
被災地のラジオ
 「被災地のラジオ放送綱渡り」
 今日の朝日新聞の朝刊に、こんな見出しがあった。
 地震後、仙台市の東北放送のラジオが、自家発電に切り替えて放送を続けているが、
 燃料に限りがあるとのことで、放送が危機に立っているそうだ。
 いうまでもなく、ラジオは被災者にとって貴重な情報源だ。
 災害情報や生活情報などなど。
 東北放送の場合、24時間にわたって地元の情報を流しているという。
 それだけに、被災者のラジオへの依存度は格段に高いはずだ。
 ラジオが聴けなくなったら… そんな不安を抱える被災者も多いだろう。
 そんな不安が現実になりかねないようだ。
 ラジオアンテナへの電気が復旧するメドが立たず、燃料も数日分しかないという。
 被災者を守るためにも、燃料提供などで支援をしていくべきだと思う。

スポンサーサイト
[2011/03/16 22:52] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<互助の精神 | ホーム | 悲痛なつぶやき>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/8-f31e8863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。