スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
圏央道建設促進会議にて
 10月の最後の日となるきょう、東京・永田町で開かれた第20回首都圏中央連絡自動車道(圏央道)促進会議の本年度総会に出席した。
 この会議は、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、横浜市、千葉市、相模原市によって構成される組織で、首都の中心部からおよそ半径40~60キロ圏を環状に結ぶ、総延長約300キロの圏央道の建設促進を目的としている。
 私も圏央道の一日も早い全線開通を願っている一人だ。それは以下のような理由による。
 ①首都圏の多くの道路は慢性的な交通渋滞を引き起こしており、時間的損失、経済的損失が大きいが、圏央道開通によって、その解消が図れること。
 ②交通渋滞解消によって、二酸化炭素などの排ガス量の抑制を図れること。
 ③圏央道沿線に工業団地が造成されることなどにより、都心に集中する業務機能の分散が図れること。
 ④大震災が発生した際、要救護者らを搬送する緊急輸送道路として活用できること。
 などなどである。
 本日の総会では、意見発表の場があったが、圏央道沿線の関係者からは、同様の理由から、建設促進を訴える声が相次いだ。
 しかし、建設の進捗状況は必ずしも順調ではない。
 例えば、私の地元である桶川北本インターから白岡菖蒲インターの約10キロの区間。当初、平成24年度中の開通が見直され、平成26年度以降となってしまった。用地買収の遅れなどが原因となっているようだ。
 振り返ってみると、かつては全国的に無駄な公共事業があったことは否定できない。甘い需要予測などをもとに、道路建設などが進められた。そうした過去を大いに反省しなければならないとは思うが、この圏央道に関しては、決して無駄なものではないと思う。それは私が挙げた理由などを考えていただければ、納得していただけるのではないか。
 総会に出席された参議院国土交通委員長の岡田直樹氏も「人に優しいコンクリートが必要だ」との趣旨の発言をされた。私もまったく同感だ。自然環境や沿道環境に十分、配慮しつつ、首都圏の社会経済活動を支える圏央道の建設促進を図っていこうと考えている。
 実はあす、県議会の議員連盟で圏央道の建設地を視察する。視察内容はあすのブログにて報告しようと思う。
  
 
スポンサーサイト
[2011/10/31 23:09] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<圏央道の建設現場にて | ホーム | 運動会にて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/66-835b7764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。