スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
南三陸町にて②
 ボランティア活動の2日目は8月15日、終戦記念日の作業だった。
 早朝、集合したボランティアセンターで、ボランティアリーダーから「昨日のがれき処理とは違う活動です。おそらく、一番、きつい仕事です」と、不気味な(?)宣告を受けた。
 我々が向かったのは、このボランティアセンターから車で約30分、南三陸町の津の宮漁港という場所だった。
 現地で受けた説明によれば、漁業における養殖や、はえ縄漁などで使われる土嚢のオモリづくりだという。
 南三陸町は、漁業が基幹産業だ。その基幹産業が壊滅的な打撃を受けただけに、マチの真の復興には、まず最初に、漁業の再開は欠かせないはずだ。
 作業では、麻製の袋だろうか?この袋にひたすら、砂利を詰め込む。一つの袋はおよそ70キロ。それを2~3人一組で作り、決められた場所に運ぶのだ。炎天下での繰り返し作業。汗が滴り、着用した作業着は、たちまちびしょ濡れになった。
 聞けば、漁業で使用するにはおよそ20万袋が必要だというが、私がボランティア活動で参加していた15日時点では、まだ、わずか4000袋ぐらいだろうとのことだった。
 目の前に広がる湾は、べたなぎで、静かな海面だった。しかし、3月11日の震災では、津波と姿を変え、大勢の人命を奪うなど、猛威をふるった。信じられない光景だったに違いない。
 その影響で、養殖施設などが壊滅した。漁船もほとんどが陸地に打ち上げられて、大きく破損し、使い物にならなくなったようだ。
 作業をしながら、「一日も早く、元の南三陸町に戻ってほしい」。そう願わずにはいられなかった。






 
スポンサーサイト
[2011/08/30 21:22] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<深刻な事態 | ホーム | 南三陸町にて①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/61-fe9b62b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。