スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
あきれる話
 ただただ、唖然としてしまった。
 民主党の土肥衆院議員が、日本政府に対し竹島の領有権を放棄するように求める共同宣言に署名していたという。
 今朝の朝刊を読んで、「まさか」とわが目を疑ってしまった。
 いうまでもなく、竹島は我が日本の領土だ。
 驚くのは、土肥氏が「共同宣言の文面を十分に精査しなかった」と釈明していることだ。
 これが本当に国会議員なのだろうか。私は空いた口がふさがらない。
 土肥氏も民主党も、役職などの辞任で幕引きを図るつもりだろうが、それでは国民が納得しないはずだ。
 議員辞職が当然というのは言うまでもないことであろう。即刻辞めてもらいたい。
 それにしても、民主党のたがの緩みっぷりはひどすぎる。
 民主党がこんな調子では、尖閣諸島も中国に取られるだろうし、北方領土は永遠に日本に帰ってこないだろう。
 国会議員というのは自国の財産や自国民の生命を守るのが最大の使命ではないのだろうか。
スポンサーサイト
[2011/03/10 23:47] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<被災者への手厚い支援を | ホーム | 求められる若さ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/5-f6b8f660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。