スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ワースト投票率
 埼玉県知事選が終わった。このブログでも、何度か知事選を取り上げ、投票を呼び掛けてきた。
 投票に行ってくださった県民や北本市民の皆さん、ありがとうございました。
 実は今回の知事選、有権者の皆さんの関心の低さは肌で感じていた。だから、本音は「最低でも前回投票率を上回るように、できれば30%超に」と思っていた。しかし、これほどの投票率の低さは想定外だだった。
 前回4年前は27.67%、そして、今回が24.89%。
 全国の都道府県知事選では史上最低の数値だった。
 理由はいろいろあると思う。共産党以外の与野党相乗りで、候補者の選択肢が多くなかったこと。争点がぼやけてしまったこと。国民の間で政治不信が強まっていること、などなど。
 しかし、だからと言って、投票を棄権してもよいということにはならないだろう。
 私は実は、31日の投票日、開票所で立会人をした。それで、投票用紙の確認をした。無効票をみると、「適格者なし」という記述をたくさん見かけた。
 それも一つの意思表示であり、決して間違った行動だとは思わない。
 問題なのは、投票にすら行かないケースだ。こんな低投票率では民主主義国家などとは言えないと思う。
 投票は義務ではなく権利だ。政治を良くするのも悪くするのも、投票という有権者の判断次第である。
 もちろん、我々政治家が反省すべきことはたくさんあると思う。
 いかに、有権者に投票所に足を運んでもらう政治をするか、それを心がけて政治に当たりたいと思う。
 2年後には参院選もあるし、衆院はいつ解散するか分からない状況だ。
 だから、有権者の皆さん、自分たちの将来は自分たちで決める、という意識を持って、必ず投票に行って欲しいと思う。
 
 
 
  
  
スポンサーサイト
[2011/08/02 08:45] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<責任を取れぬ経済産業大臣 | ホーム | ぜひ投票所へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/47-906df25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。