スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
列車事故
 JR北海道が異常事態だ。そう思わずにはいられない事故が相次いでいる。
 釧路から札幌に向かう特急列車「スーパーおおぞら14号」が脱線、炎上したことは記憶に新しい。
 私は北海道新聞社在職時にJR北海道の担当をしたことがある。
 2009年7月から翌10年2月までのわずか8カ月間だったが、その間にも事故が相次いだ。
 例えば、09年12月にあった富良野駅での除雪車と普通列車の衝突事故。 
 年が明けて10年1月だったと思うが、レールの破断事故という、普通ならあり得ない事故もあった。
 このほかにも、細かなトラブルが相次いだと記憶している。
 「国鉄の分割・民営化による弊害だ」。当時、こんなことを指摘する声もあった。
 そうした弊害が事故を招いたのかどうか、真相はよく分からない。
 ただ、事故原因は人為的ミスが多く、「何らかの負の部分が影響しているのでは」と当時、そう思わずにはいられなかった。
 これから、北海道は観光シーズンだ。当然、我が埼玉からも多くの県民が遊びに行くと思う。
 しかし、事故が相次げば、観光地・北海道のイメージを損ないかねない。
 それだけに、列車事故が起こらないよう、JR北海道には細心の注意を払ってもらいたいと思う。
 
スポンサーサイト
[2011/05/30 22:04] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<就職内定率 | ホーム | 埼玉県議会臨時議会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/29-84b862fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。