スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
知事の決意
きょう20日、2月定例県議会が開会した。
ご存じない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると、県議会の定例会というのは、2月、6月、9月、12月の計4回ある。
その中で、2月定例会というのは、新年度、つまり今回で言えば、4月から始まる平成24年度の県の予算などを審議する、とても重要な議会となるのである。期間も3月26日までと長丁場だ。
開会日の本日は、この予算案など58議案が我々議会側に提出され、その後、上田知事から、提案の説明があった。
上田知事は、県政運営に関する基本的な考え方について、こう強調した。
「国政は停滞し、依然として問題の先送りが続いている状況です。(中略)国の統治能力が問われている今こそ、地方が自ら思い切った政策を立案し、試行錯誤を重ねながら、成功事例を積み上げていくことで、日本再生につなげていく必要があります。そこで、埼玉県がその先導的な役割を果たしていきたいと考えております」
停滞する日本を活性化させるのは、この埼玉の地からである――。力強い宣言であった。
上田知事は、その実現に向け、埼玉が進むべき大きな方向性として3つを掲げた。それが「安心の確立」であり、「成長の実現」であり、「自立自尊」である。
治安の維持や、子育ての充実、安心できる医療、第一次から三次までの各産業の振興やグローバル化、高齢化への対応など、待ったなしの課題が山積している。これらの諸課題に的確な解決策を提示することこそが、今求められている。
今議会では、私も初めて一般質問に立つ。その中で、この埼玉が抱える問題の解決につながるような提言・提案を盛り込んだ質問をしようと考えている。
スポンサーサイト
[2012/02/20 22:57] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<内向きの若者たちへ | ホーム | 生涯スポーツを楽しもう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/134-e6372618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。