スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
あいさつもできないんて・・・
先日、とある宴席で、県内の某高校の校長先生と杯を交わす機会を得た。
「今の高校って、どんなもんなのか?」。議員になって教育とはどうあるべきかを考える機会が増えたため、今の学生の気質について、いろいろ聞いてみたが、校長先生の話は驚くような内容だった。
この校長先生は毎朝、自転車置き場で生徒を迎えるんだそうだが、朝の挨拶をしても、「6割ぐらいの生徒は無視ですよ」とのことだった。聞けば、耳にはイヤホンを付けて音楽を聴いているらしい。音楽を聞こうが聞くまいが生徒の自由だが、人様に会ったら挨拶するなんていうのは、人間として当然のことである。それができないらしい。
先日はこんなこともあったそうだ。
女子生徒2人が自転車に二人乗りをしていて危ないので注意したら、「バーカ」と返されたそうだ。
人に会ったら挨拶する。恩義を受けたら感謝の気持ちを、悪いことをしたら謝罪や反省の気持ちを、持つのは人間として当たり前のことで、要は、しつけの問題である。
今の時代、しつけの教育まで学校に要求する親がいると聞くが、勘違いも甚だしい。そんなものは、子どものうちに、家庭でするものである。
校長先生曰く「結局は、ちゃんと、しつけを受けていない、大人になりきっていない人間が子供を作れば、当然、しつけを教えることはできないですよ。常識をわきまえない人間の再生産なんです」と。
こんな話を聞いて、暗澹たる気持ちになるとともに、「こりゃ、なんとかせにゃいかん」と思った。
スポンサーサイト
[2012/02/07 21:03] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<道路の必要性 | ホーム | 身を切る覚悟を>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://araikazunori.blog91.fc2.com/tb.php/131-a6664c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。