スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
巨額な広告費の裏側は?
「企業の経費の使い方としては、明らかに常軌を逸しているのではないか?」。常々、抱いていた疑問を、きょうの朝日新聞の朝刊が解いてくれた。13面の「教えて電気料金」、編集委員の小森敦司記者が、電力会社の広告費を分かりやすく解説している。
小森記者の記事によれば、全国の10電力会社が出している有価証券報告書には、テレビ放映費、PR館の運営費、発電所見学会などを含めた「普及開発関係費」が掲載されており、その普及開発関係費が2011年3月期で866億円(10社合計)。08年のリーマンショックで、各業界が広告費や宣伝費を大きく削減する中で、電力業界は11年3月期から遡ること5年間で、16%しか減らしていないのだという。
 そもそも、我々一般市民が、一般家庭で使用する電力(家庭向け電力)は、地域の電力会社の独占だ(関東なら東京電力)。我々が選べる権利はない。商品として選べる比較対象がないのである。であるならば、そもそも、我々がテレビを通じて、CMを見せられる意味はあるのだろうか?放送局を潤わせるだけで、我々一般市民には何のメリットもないのではないか?
小森記者の記事によれば、普及開発関係費を大幅に削減しなくて済むカギは「総括原価方式」にあるという。この方式で決まる家庭向け電気料金に支えられてきたのだそうだ。この方式は発電にかかる経費を積み上げ、さらに一定のもうけを上乗せして料金を定めるようで、この経費に普及開発関係費が含まれているのだそうだ。あまりにも我々一般市民をバカにした制度である。
さらに、記事によれば、普及開発関係費の一部は、東電福島第一原発の事故までは、原発を推進するねらいで使われたのだという。我々一般市民は、長い間、電力業界に騙されてきたと言えないだろうか?
電力料金を巡っては、東電が家庭向け料金の値上げを申請しているが、この普及開発関係費をはじめ、まだまだ無駄があるのではないか?不要な出費があるのではないか?そう思わざるをえないのである。
東電は安易に電気料金を値上げする前に、まだまだ身を削るべきところはあるはずだ。東電が真の意味で、自浄作用を働かせないかぎり、国民は誰も東電を信用しないと思う。
スポンサーサイト
[2012/05/24 17:45] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今こそ、 経営革新を
5月も下旬に差し掛かった。初夏の陽気が心地良い季節である。この時期は各種団体の総会シーズンでもある。きょうも北本市防火安全協会と北本市商工会にご招待をいただき、総会(総代会)に出席した。
今の日本を見渡すと、長引く不況、デフレ、円高など、経済を取り巻く環境は極めて厳しい。本日の北本市商工会の通常総代会でも、こうした経済情勢が大きな話題となった。
そこへきて、景気回復に水を差すかのような、電気料金の値上や、消費税率引き上げの話である。
本日、承認された商工会の平成24年度事業計画書では、以上に挙げた厳しい状況を踏まえ、商工業の発展のために行政と連携を密にしつつ、事業を推進していくことを取り決めた。
その一つが「ニーズの把握と経営革新企業への取組を推進します(原文ママ)」である。
実は2月定例会で、私が初めての一般質問を行った際に「消費税増税時に中小企業の振興をどう進めるのか」と知事に質した。知事の答弁は「中長期的には各企業が経営革新、イノベーションを起こしていくしか方法がないと思う。県としては産業振興公社などを活用し、オンリーワンの技術による新製品の開発を支援することも必要だ」との内容だった。
この答弁は、製造業をメインに置いた答弁であったが、やはり、業種に限らず経営革新に対する後押し・支援を行っていくことが政治や行政に求められる役割だと思う。
きょうの通常総代会でお会いした知人の女性は、ご家族で部品メーカーを営んでいる。この女性は「技術が中国や韓国に流出した上に、向こうは安い賃金だから、とてもじゃないが、かなわない」と嘆いていた。経営革新などを通じて、地場の産業をしっかりと守る仕組みづくりの必要性もあらためて認識させられた通常総代会であった。
[2012/05/23 19:04] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
親子の触れ合いの場に
「ぜひとも、親子の触れ合いの場に」。そう願うばかりである。
私の地元である北本市の最西部、荒川に面した高尾地区に「北本水辺プラザ公園」が完成し、昨日20日、記念式典があった。私も来賓としてご招待いただき、一言、祝辞を述べる機会を得た。
それにしても、感慨ひとしおである。実は、この公園ができた一帯は私が子供のころによく遊んだ場であるからである。
グラウンドでソフトボールの練習をしたり、魚釣りをしたり…高尾地区の豊かな自然によって育てられたといっても過言ではないのである。
北本水辺プラザ公園は、敷地面積約4ヘクタール。「多目的広場」には青々とした芝生が敷き詰められ、昔の荒川を模した水路である「旧流路体験水路」では、水に親しむことができる。
しかも、周辺には「高尾さくら公園」や「野外活動センター」「北本自然観察公園」なども整備されており、施設間の連携を図ることも可能だ。豊かな自然を満喫するには絶好の地域である。家族連れら来場者の憩いの場として、また交流の場としても、期待が持てるところである。
昨今は都市部を中心に開発が進む一方で、豊かな自然がどんどん減少している。残念なことだ。
これは私の持論だが、子供のころは、豊かな自然の中で遊び学ぶことが、教育上や成長の過程において、最も適したことだと思っている。ゲームメーカーを責める気はないが、家に閉じこもってゲームばかりしていて良いはずはない。子供たちには自然の中に飛び込んで行ってほしいのである。
というわけで、ぜひとも、北本水辺プラザ公園にご来場いただければと思う。親子連れで触れ合いを深めたり、豊かな自然を自分の肌で感じ取ってほしいものだと思っている。
 
[2012/05/21 12:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
子どもたちの健やかな成長のために
「こんな素晴らしい施設なら、子供たちは健やかに成長できるだろうな」
本日14日、県議会の1期生有志で、東京都内の教育・保育の先進的な施設を視察する機会を得た。
荒川区立汐入東小学校と、幼保一元化した汐入こども園である。
すぐそばを隅田川や荒川放水路が流れ、開業が迫った東京スカイツリーにも近い絶好の立地条件。しかも、この小学校とこども園は、実は同一の建物に入っているのだ。こういったケースは珍しいだろう。
8階建ての校舎のうち、1階がこども園、2階以上が小学校という構成だった。
その小学校は平成22年に開校し、現在3年目に入った。
普通教室はどこも広々としており、机の並べ方もクラスによってさまざま。それぞれの担任の先生に任せられているという。
屋上には屋根開閉式のプールがあり、図書室の蔵書は1万冊以上だ。コンピューター室や理科室では授業の際、子ども一人一人に器材が行き渡るようになっている。相当に恵まれた学習環境にあると実感した。
しかも、荒川区では校長に大きな裁量権があるのも特徴だ。校長1人当り年間180万円が支給され、その使途は校長にゆだねられているという。
羽中田(はながた)校長先生によれば、この小学校では100万円を子どもたちの創造性を育むために、80万円を学力向上のために使用しているという。

1階のこども園は、荒川区で初めての幼保一元化の施設だという。
保護者の生活スタイルに合わせて、短時間、中時間、長時間の3パターンの保育があり、このほか、一時保育や、子育て支援として母子が一緒に過ごせる子育てサロンなどが備え付けられている。こども園は平成20年の開業だが、いろいろと課題はあるという。
濱上園長は「例えば、インフルエンザに罹った時の学級閉鎖ですが、保育園と幼稚園では、その基準が違う。わが園では独自の基準を作って対応していますが、国に統一基準を作ってほしい」との旨の話をされていた。

両施設を見学して「こういったこども園や小学校なら、親として安心して子どもを通わすことができるだろう」と思った。
ただ、まだまだ課題もあるという。小学校とこども園の交流、連携があまり進んでいないことである。教育や子どもを育てるという観点からして、その一貫性を保つことは重要だと考える。その辺りを具体的な施策でどう進めていくのかが、今後の大きな課題といえそうだ。
[2012/05/14 18:40] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自然災害から農業を守るには
ゴールデンウィーク最終日にあたる6日の荒天が、各所でさまざまな被害をもらたしているようだ。
茨城県では竜巻が発生し中学生が亡くなるという痛ましい事故が起きてしまった。お隣の桶川市では少女が落雷被害を受けた。亡くなられた方の冥福を祈るとともに、被害に遭われた方の一日も早い回復を願わずにはいられない。
私自身はあの日、西武ドームで、北本のマスコットキャラクター・トマちゃんのPR活動を終え、圏央道で帰路を急いでいた。瞬く間に黒い雲が立ち込め、激しい大量の雨とともに、大量の雹が降ってきた。とっさに「農作物大丈夫だろうか?」と不安が頭をよぎった。
翌日、農家の皆さんのもとへ足を運んでみた。やはり、被害に遭われた方が存在した。
話を総合すると、果実類(特に梨、プラム、梅)で被害が出ていることが分かった。特に梨は、まだ小さいものの実が出来つつあり、それを雹が直撃したのだという。まだ、被害の全体像が判明しないが、「傷のついた梨が相当数に上りそうだ」とのことであった。梨農家の知人は「味は良いはずだけれど、傷がつくとね」と困惑した表情を浮かべていた。梨農家によっては、悪天候への対応で、梨畑にネットを張っている人もいるそうだ。しかし、そのネットはかなり高額で、購入できない方もいるようである。
「天候に左右されるのは農業の宿命だから」と、この知人は話していたが、やはり、何らかの救済策を行政や政治が考える必要性があるのではないかと思う。特に農業は国力そのものだと考えているためである。現状では、大きな自然災害などが発生し、甚大な被害があれば、国の激甚災害指定を受けて、救済策を受けられるだけではないだろうか?そこまでの甚大な被害でなくても、被害の程度に応じて、さまざまな救済策があってもよいのではないだろうか?
 
[2012/05/11 21:17] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
高い専門性を身に着けよう
昨日に引き続き、ドイツ視察のお話をしたいと思います。
埼玉県と姉妹交流をするブランデンブルグ州議会を訪問した際のことです。
州都はあのポツダムです。遡ること60数年前、第二次世界大戦のポツダム会談などで、その名を聞いたことがある方が多いと思います。
ドイツというのは16州からなる連邦国家で、州政府の首相は、州議会において過半数を獲得した政党の代表者が選ばれるなど、一種の議院内閣制を採用しているのです。日本と極めて似ている政治体制です。
対応してくださったのは最大会派SPDの代表、ラルフ・ホルツシューアー議員ら与党議員でした。
州議会のあらましなどを伺った後、意見交換に移りました。私は聞いてみたいことがあり、思い切って質問をぶつけました。
「今、日本の政権は(消費)増税など、国民と約束すらしていない政策を平然と遂行しようとしています。結局は、政府・与党の議員は、専門的知識を有する行政・官僚機構に操られてしまっているのが現実です。ブランブルクでは、州の行政・官僚機構をしっかりとコントロールできているのでしょうか?」
ホルツシューアー議員によると、現政権は首相のほか、州閣僚9人のうち5人が「民間」からの採用だそうです、例えば、地元の大学学長ら専門性を有する民間人を抜擢しているとのこと。首相を含め5人が州議会議員という構成だそうです。
ホルツシューアー議員はこう強調していました。「行政に操られることないよう、逆に行政をしっかりとコントロールできるよう、高い専門性が欠かせません」
制度が違う故、例えば、我々県議会議員が埼玉県庁の閣僚(部長)になることはありません。我々は、埼玉がますます発展するように、地域の皆さんのいろいろな声に耳を傾けながら、施策の提案や提言を行っていくのが主な役目であります。その際、提案や提言に高い説得性を持たせるためにも、我々議員が高い専門性を有する必要があると痛切に感じました。精通する分野を一つでも多く作っていこうと思った視察でした。
[2012/05/10 15:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
理想的な団地とは?
しばらくの間、このブログをお休みしていたことをお詫び申し上げます。
実は先月、欧州のドイツに自民党県議団の一員として視察に行ってまいりました。
埼玉と姉妹交流をしているブランデンブルグ州の州議会で、与党の議員と意見交換したり、サッカーの世界的なクラブチーム、バイエルン・ミュンヘンを訪問し、プロスポーツチームの運営に関し、お話を伺うなど、有意義な視察ができたと感じています。
その中で、ドイツ南西部の都市で「環境首都」とも呼ばれるフライブルク市の取り組みは大いに参考になったので、報告したいと思います。
フライブルク市は、自家用車でなく公共交通機関や自転車の利用促進のほか、省エネ住宅の推奨、再生可能エネルギーの積極的な活用など、環境面に配慮した先進的な取り組みをしている自治体です。
このマチにあって、エコロジーを重視した団地開発があるのです。ヴォ―バンという地区で進められている省エネ住宅団地の開発がそれです。
この団地は38ヘクタールあり、住居2千戸5千人が住めるよう計画されています。
太陽光発電による自給自足型ソーラー建築を導入し、各戸のエネルギー消費量を、行政が決めています。住宅建築は戸建てでなく、集合住宅とすることや、建築の際、樹木の伐採は認められていないこと、また、自家用車を持たない生活を推奨しているのも特徴の一つです。団地内には、数分間隔でトラム(路面電車)が走行しており、不便さを感じることはありません。
ヴォ―バンでは、1994年、持続可能なエコ住宅地にしたいと希望する市民が「フォーラム・ヴォ―バン」を設立し、地域づくりの企画設計の段階から、積極的に市民参画したそうです。つまり、行政から押し付けられた地域づくりでなく、あくまで、住民主体の地域づくりが進められたことになります。
この団地では、出生率が上昇しているのことで、若い母親が幼い子供と遊ぶ姿を多く見かけました。地域づくりの先進的な成功例と言えるでしょう。
ヴォ―バンの事例をそのまま埼玉に当てはめるのは難しいのが現実です。しかし、環境への配慮は今や、世界共通の課題です。持続可能な地域づくりを今後進めるうえで、大いに参考にしたいと思う視察でした。
[2012/05/09 19:02] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。